FonoLab.cz | Audiotechnika a doplňky

Ceska verzeCZ English versionEN Russian versionRU

SAEC WE-308N/WE-308L – 銀導線を用いた限定版

ilustrace

SAECのユニークなトーンアームのシリーズを紹介します。Fonolab社の専門家によるオーバーホールでは、トーンアームの分解・組み立てだけではなく、完全に清掃した上、ヴァン・デン・ハル社製の新品のマッチド・クリスタル・シルバー線MCS-150Mおよびカルダス社製の5端子DINプラグを搭載しました。部品は全て許容公差内であるかどうかを確認し、許容公差外のものは廃棄してSAECのオリジナル部品と交換しています。また、トーンアームは最終チューニングテストを行っています。保証期間は2年間です。


SAEC WE-308N/WE-308L – 銀導線を用いた限定版

ダブルナイフエッジ軸受け機構

ダブルナイフエッジ機構は、SAECトーンアームの特徴です。ひとつのメカニカルブロックにしっかりと固定された4枚のナイフエッジの刃は、径が0,02mm未満という超精密度となっています。この仕上げはSAECならではのもので、まず機械で削れるぎりぎりの5/100mmまで削り、その後は熟練した人間の手によって2/100mmに仕上げられています。

この新構造が、従来のナイフエッジを用いたトーンアームの欠点を補っています。

ダブルナイフエッジは摩擦を最小限に抑え、従来にないセンシティブなトーンアームの動きを実現します。

自動針圧微増機構

自動針圧微増機構は、アームがレコードの内側に移動するに従って針圧を徐々に増加させるシステムです。これによって内周での針の浮き上がりを防ぎ、カートリッジが高周波域をも正確に再現でき、またひずみの増加やステレオセパレーションの劣化を抑えます。

軸受け構造ベースプレート

ダブルナイフエッジの絶対的安定性を保証するために、軸受け構造ベースプレートは静的バランス状態に置きます。トーンアーム全体がベースプレートの水平度に左右されるため、この機能は非常に重要です。トーンアームの水平バランスが水平バランス調整機で調整されている場合、軸受け構造ベースプレートの静的バランスにより、3本の軸は完全なバランス状態となります。ターンテーブルの水平が正しく保たれていない場合でも、トーンアームは正常に機能します。

インサイドフォースキャンセラー

回転軸方式のトーンアームは全て円弧を描いてレコードをトラッキングすることから、レコード上の点全てにおいてトラッキングエラーを最小限に抑えるためには、針はレコードの中心から少しずれた位置を通るようにする必要があります(オーバーハング)。オーバーハングにより、円弧の半分を過ぎた時点から機構上のアンバランスが起こります。このアンバランスによりレコードの溝の内側に針が押し付けられる形となり、このインサイドフォースは針がレコードの内側へ行くに従って高くなります。インサイドフォースを除去しないと、デリケートなレコードの溝の磨耗や破損、または内周での再現性の低下を招きます。

オーバーハング

WE-308ではオーバーハングは5mmに設定してあります。これは従来のトーンアームと比べて圧倒的に低く、正確なインサイドフォースキャンセラーおよび自動針圧微増機構と組み合わせることで、最も複雑な内周においても完璧なトラッキングを保証します。

針圧調整

標準針圧は、従来の移動式ウェイトで調整します。しかし、広範囲に調整できる機構となっていることで、容易で正確な調整が可能となります。針圧はカウンターウェイトのメモリで直接読み取ることができ、外部のメモリのみの従来の機構と同等の水準の正確さを実現しています。

銀導線

限定版の内部配線はヴァン・デン・ハル社製の非常にフレキシブルな7ストランドのシルバー線、MCS-150Mを用いています。MCS-150Mは、絶縁材を含めた径が80ミクロンの非常に純度の高いマッチド・クリスタル・シルバー製の、7本のそれぞれ個別に絶縁された導線でできています。曲げによるダメージを最小限に抑える押出材を用いたマルチストランドはまた、よりよい音質を実現します。音質は非常になめらかで、金属質にならず、細部に至るまで忠実に再現します。

ウルチメイトシェル

極限まで共振を抑えた7,3gのウルチメイトシェルは、接続部にベリリウム銅ワッシャーを用い、ロッキングリングを捩ることによりヘッドシェルとトーンアームチューブの間に圧着してあります。ヘッドシェルとトーンアームチューブは取り外しができますが、ベリリウム銅ワッシャーを圧着することで、文字通り“一体”であるかのような強力な摩擦を生み出しています。ヘッドシェルは、オヤイデHSR-AG 5N銀製ヘッドシェルワイヤー(99.999%)を備えています。

油圧式アームリフト

油圧式アームリフトは、トーンアームのなめらかな上下移動を可能とします。特に針の“下降”においては、希望の場所にできるかぎり正確に下降するように設計されています。

メカニカルイコライザー

SAECアームは全て、低域共振を最適に制動する機構が装着されています。foにおいてクロストークを20dB改良するという、注目すべき特性を可能にしました。

オプションパーツ

標準以上のトーンアームウェイトや、より洗練されたSAECヘッドシェルをお求めの方には、多様なカートリッジおよびトーンアームの装着を可能とするオプションパーツを用意しております。

弊社ではSAECのトーンアームのすばらしい機構を残したまま、新しい息吹を吹き込みました。

限られたモデルのリスト:

SAEC WE-308N Silver Wired Limited Edition (Nr. 03/10)
SAEC WE-308N Silver Wired Limited Edition (Nr. 04/10)
SAEC WE-308N Silver Wired Limited Edition (Nr. 05/10)
SAEC WE-308N Silver Wired Limited Edition (Nr. 06/10)
SAEC WE-308N Silver Wired Limited Edition (Nr. 07/10)
SAEC WE-308N Silver Wired Limited Edition (Nr. 08/10)
SAEC WE-308N Silver Wired Limited Edition (Nr. 09/10)
SAEC WE-308N Silver Wired Limited Edition (Nr. 10/10)